« 花言葉は | トップページ | スワン・レイク »

美味しい夏

お世話になっているH氏宅にて

お手製ウナ丼を頂きながら凍結酒で乾杯!

ウナギ(浜松産)は皮がパリパリで身がふっくら。

噛めば噛むほどウナギのジューシーな旨味が広がり、

思わずおかわりをしてしまいました。

凍結生酒は青森産。

Sf1000227

凍結したまま口の中に入り、スッと溶けていく。

昔ながらの日本酒といった口当たりで、

暑いこの夏に最適な飲み物に (^-^)v

|

« 花言葉は | トップページ | スワン・レイク »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

あああ・・・
まさに今私が求めているコンビネーションだわ。

投稿: おこすけ | 2007年8月28日 (火) 21時30分

おこすけさん。
美味しいですよ!
因みに、スーパーで売っているウナギの蒲焼きも
ちょっとした工夫で見違える美味しさになりますよ。

投稿: AKIRA | 2007年8月29日 (水) 02時26分

凍結酒って、もろ100%アルコールのシャーベット!!
わ~、猛暑の中ひんやりした口当たりで酔いそう。
ちなみに、どんなお酒でもOKなんでしょうか? 

投稿: タンゴレデイー | 2007年8月29日 (水) 15時41分

ちょっとした工夫ってどんな工夫?
教えてケロ!

投稿: おこすけ | 2007年8月29日 (水) 20時31分

タンゴレデイーさん。
このお酒は凍結専用なんですよ。
一般的な日本酒を凍らせてもきめが粗く口当たりもしっとりしていないと思いますよ。

投稿: AKIRA | 2007年8月30日 (木) 01時25分

おこすけさん。
それはですね。
まずスーパーなどで買って来たウナギの蒲焼きのタレを水洗いして臭みなどを取ります。
その後、軽く水気を拭きます。
それをアルミホイルに包みコンロの魚焼きグリル(強火)に入れます。
身の方を約1分30秒位、皮目は20秒位を何度か繰り返し焼きます。
途中で市販の蒲焼きのタレを何度かに分けてハケなどでぬり、
又包み仕上げていきます。お好みですがあまり焼きすぎない方がよいと思います。
この方法は失敗がないと思いますよ。

注:特に皮目を焼きすぎないこと!

白焼きも同じです。

疑問に思う事があったら連絡下さい。
因みに、この方法では皮目はパリパリにはなりませんが、臭みもなくふっくらとして美味しく頂けますよ。
経験済みです。

投稿: AKIRA | 2007年8月30日 (木) 01時56分

なーるほど。一度、洗ってしまうのね。 今度トライしてみます。
アルミホイルに包んであれば何度ひっくりかえしても身が崩れることないもんね。

それにしてもAKIRAさんの料理の腕は、かなりなんだろうなと推察します。

投稿: おこすけ | 2007年8月30日 (木) 07時36分

おこすけさん。
そんなことはないですよ。
料理が好きだから番組とか雑誌とかで気になる事を
メモして実行してみるだけですから。

投稿: AKIRA | 2007年8月30日 (木) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花言葉は | トップページ | スワン・レイク »